ショップ経営における顧客管理

今後インターネットを活用してネットショップを立ち上げるご予定の方は、併せて顧客管理ソフトの導入も検討されることをお勧めいたします。店舗の売り上げは、「商品単価」、「顧客数」、「購入頻度」の3要素に比例します。従って、自社の利益を高めるためには、これらの要素を効率的に上昇させる必要があります。しかし、商品単価の上昇は極力避けるべきです。商品単価とは、文字通り商品の価格です。多くの顧客は価格比較サイトを駆使して一円でも安く商品を購入しようとするので、商品の価格を上げれば成約確率を低下させることになってしまいます。これでは売り上げが上がるどころか、逆に落ちてしまうことでしょう。顧客数を上昇させるためには、集客率をアップさせなければいけません。一言で言えば、人気のあるサイト作りが必要になります。ホームページのレイアウトの見直しや機能性の拡充などが主な手法ですが、クリエイターの高い技術を要求されますし、想像以上に時間と手間がかかります。また、宣伝活動を続けて知名度を向上させるためには、広告費という投資も行わなければいけません。有名なポータルサイトにwebバナーやテキストリンクを掲載すると、数万円~数十万円レベルの費用が嵩むことも珍しくありませんし、広告を掲載したからといって必ずしも顧客が自分のネットショップで買い物をしてくれるとは限りません。要するに、集客率向上とは会社が長い時間をかけて努めなければならない究極の目標であり、一朝一夕に実現できることではないということです。そこで重要になってくるのが、購入頻度の上昇です。一度でもショップを活用した経験のある顧客は、二度、三度と買い物をリピートしてもらえる可能性が高い重要な存在です。従って、一人一人の顧客の買い物回数を増やすことが最も確実に売り上げを高められる戦略と言えるのです。顧客管理という言葉を聞くと、顧客の氏名、住所、連絡先といった個人情報の管理を連想する方が多いかもしれません。しかし、顧客管理の真価は「購入履歴」の管理にこそあります。例えば、amazonを思い起こしてみてください。amazonで買い物をすると、自分の購入した商品と関連性のある商品がピックアップされて表示されます。この機能は、顧客にとっては次の買い物のアシストになりますし、ショップにとっては購入頻度の上昇に繋がる理想的なものです。顧客管理機能で顧客のニーズを分析すれば、効率的にショップの利用率を高めることが可能となるのです。また、リコメンド機能だけでなく、割引クーポンをダイレクトメールで送るという手法でも購入頻度向上に繋がることが知られています。現在では、「弥生」や「Rhythm」など様々な顧客管理ソフトが普及しています。また、表計算ソフト「EXCEL」をデータベースソフトとして活用することも可能です。自分のショップに合った最適な顧客管理ソフトを利用して売り上げアップを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*